誰でも競売に参加できるのか? | 月刊競売速報社

誰でも競売に参加できるのか?

誰でも競売に参加できるのか?

競売って聞いたことはあるし、安いという話も聞いたことあるけど?

じゃあ誰でも競売に参加できるの?という疑問はみなさん持っているものだと思います。競売の入門書を見るとどの本にも最初の方に書いている内容です。

競売における入札資格は?

実はこれといった資格はありません。

法人でも個人でも入札は可能です。

入札前に必要な保証金と身元が分かるものを提出すればだれでも入札可能です。

身元が分かるもの=登記簿謄本、住民票

 ただし、競売物件の利害関係者になると競売で落札しても、購入まで至らない場合があります。

競売物件を落札した後に売却決定というものがあり、誰が落札したのかというのが裁判所にて公告されます。この落札者が落としたらダメじゃないのか?ということがあれば異議申し立てが起こる可能性があります。

滅多に起こりませんが、稀にそういった事態もあります。

落札後は入札金額を納めて、所有者との話し合いの段階に移りますが、ここは話がディープになってきますので、別の機会にご説明させていただきます。